アット・ニフティロゴ 占い@nifty 占い師オフィシャルココログ

« 新番組で風水鑑定 | トップページ | 元気が出る方位「生気」 »

2006年4月13日

玄空飛星風水

今日の「スッキリ!!」の運命セラピーでは、細川ふみえさんの「事故やトラブルに遭いやすい」というお悩みを風水鑑定しました。

番組でお話しした「絶命方位に水場」、これはどんな人にも当てはまるんですよ!
風水では「水は気を溜める」と言われています。
キッチンやバス・トイレは、排水溝から汚れた水を家の外に流します。
凶方位にある場合は、その悪い気を水に溜めて一緒に流すので、
その凶意を抑えられるのです。

また、「玄関に入って右手に物を置く」というのも、すべての人に共通する開運法。
左手にも物があってもよいのですが、それよりも多く右手に物を置くとベターです。
壁に絵を掛けたりするのでも効果ありますよ!

ところで、細川ふみえさんのお宅ですが……
彼女のお宅の場合、前回お話しした「絶命」の位置にキッチンやバスルームがあります。
これで、凶意は抑えられているはずなのですが……。
それでも事故に遭いやすい、ということで、
私は「玄空飛星」の観点から、彼女のお宅を診てみました。

「玄空飛星」は、日本では使える人が限られている秘伝の看法です。
建物の誕生日=建築年と方角から判断します。
風水のさかんな香港や台湾では、建物の玄関はこの方法で決める場合が多いようですよ。


建築年 玄関の向き 症状 解決法(中心に置く)
1944~1963 西・東 盗難・怪我 黒いものと赤いもの
1964~1983 北西・南東 事故・怪我 黒いものと金属
1984~2003 西・東 火事・怪我 金属
2004~2023 南西・北東 事故・病気 金属

細川さんのお宅は、1964~1983年の間に建てられたマンション。
部屋の中心から見ると、玄関は北西に向いています。

そのため、事故や怪我に遭いやすい……というわけです。

これを解決するには、黒いものと金属を家の中心に置くこと
彼女は書道がご趣味とのことでしたから、金属の五円玉と一緒に墨汁を差し上げました。
ちなみに解決法にある「黒いもの、赤いもの、金属」は、何でも大丈夫です。
マットでも、置物でも、クッションでも……。
ただし、二つある場合には両方置かないと効果がないので、ご注意を。

さて、あなたのお宅はどうでしょうか?
……と、言ってはみましたが、
上の表を見てあなたのお宅がいずれかに当てはまっていても、心配はいりません。
この場合の凶意はあくまで「そういう傾向がある」程度。住む人との相性で強くも弱くもなります。
実際にこのような条件でも、平穏無事に暮らしている人はたくさんいるんですよ。

でも、もし、あなたに思い当たる節があるのなら、
さっそく建築年に合った解決法を実践してみてくださいね!

Posted by 黒門  風水 |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。