アット・ニフティロゴ 占い@nifty 占い師オフィシャルココログ

2007年1月14日

あの、松本さん

年末に、こんなお客さんが事務所に訪ねていらっしゃいました。

その人は、松本隆博さん。

そう、あのダウンタウンの松本人志さんのお兄さんです!

松本さんは、現在ヒューマックスという教育DVDの制作などを行う会社の取締役をされており、ご本人も先頃、「取締役 松本隆博のフォークギター教室」というDVDを出されています。

お会いして、会社や制作なさっている商品の説明を受けたのですが、語り口はさすが関西人、大変おもしろくお話くださり、笑いながら聞かせていただきました。

「ダウンタウンのまっちゃん」と同じ遺伝子を受け継いでいると得心しました。

また、せっかくおいでいただいたので、四柱推命や紫微斗数で簡単に鑑定して差し上げたところ、「生年月日と生まれた時間だけで、よくそこまで判りますね」と、驚かれていました。

このときの様子は、松本さんのブログ「取締役 松本隆博」でも紹介されていますので、是非一度ご覧ください。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年11月 2日

ちょっと財運にまつわる話

すっかり秋も深まり、地域によっては冬の到来すら感じる季節になりました。

秋といえば「芸術の秋」「スポーツの秋」など、行楽やイベントが多い時期でもあります。

また、人によっては夏に遊びすぎたツケが色々と回ってくる懐の寂しい期間でもあるでしょう。

たとえば、夏季ボーナスをすべて海外旅行に使ってしまったとか、最近は特にさかんな音楽フェスティバルや各種イベントに毎週末でかけていたとか・・・・。

そう、実は、秋というのはお金に対してシビアになる季節でもあるのです。

というわけで、今回はちょっと財運に絡んだお話。

立場上、いろんな相談を受けますが、「どうすれば宝くじが当たるのか?」、あるいは、「ギャンブルで勝てるようにするには何に気をつければいいのか?」といった内容を聞く場面が少なくありません。

もちろん、当人にすれば深刻な悩みではあるでしょうが・・・・実は、宝くじやギャンブルで大金を稼ごうという考え自体が、財運を逃がしている場合が多いのです。

皆さんもご存知のように、「ビギナーズラック」という言葉があります。それはもちろん、あまり深い思い入れもなく、むしろ遊び感覚で試すのだから当たるということ。

また、風水において、財運がアップする吉方位というものがあります。

でも、ただその方位に行ったからといって、すぐに臨時収入が入ってくるわけではありません。

吉方位に行くにはそれなりの「目標」が必要になります。

たとえば、中国においては、風水の歴史は古く、日常生活のいたるところに活用されていますが、中国人は「大事な商談がある」とか、「新しい店をオープンする」など、かなり明確な願望を持って吉方位に向かいます。

そう、ただ漠然と「お金持ちになりたい」と思うより、できるだけ明確なビジョンを持つことが、成功をつかむためには重要なのです。

また、それは財運だけでなく恋愛運をアップする時も同じといえます。

ただ「恋人が欲しい」と思うではなく、それは新しい出会いを求めているのか、告白を成功させたいのか、求める恋人とはどんなタイプなのか、など、できるだけハッキリとした願望を持つのが恋愛成就への鍵となります。

何事も、生まれ持った運を生かすことが何よりも大切ですよ。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年10月10日

「マンガ風水師黒門」

「マンガ風水師黒門」が発売になりました。
とうとう私もマンガの主人公になりました(笑)
作・画は「緑山高校」等の作品で有名な桑沢篤夫先生です。

桑沢先生と最初に御会いしたいのは、確か昨年の5月頃だったと思います。
日本テレビ系で昨年2月に放送された「スーパーテレビ」を御覧になり、是非マンガに描きたいとのことでした。

その後、桑沢先生はスーパーテレビに出演した方々や制作に関連した方を独自に取材され、私の事務所にも熱心に取材に来られました。
また占術部分の解説を描く為に、今年2月より私の主催する奇門風水学院に入門、その後、受講生で構成される研究会にまで参加されました。

それだけに、テレビでは放送しきれなかった細かな部分、テレビで登場した方達のその時折の心理状態や、具体的にどのような風水や奇門遁甲の処方を施したなどが描かれています。
私ですら知らなかったことまで書いてあり、私自身も楽しく読ませていただきました。

尚、このマンガでは、都合によりテレビ番組の企画であったものを雑誌の企画へ設定を変更するなど、一部放送内容とは異なる演出をしています。
また、私がプロの占術家になるまでも描かれています。

昨年放送の「スーパーテレビ」を御覧になった方、そしてご覧になれなかった方も是非ご一読下さい。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年8月25日

惑星の定義が変わる

すでに知っている方も多いと思いますが
国際天文学連合(IAU)の決定で冥王星が惑星から除外されることが決定。
学校の教科書も訂正されるようです。

これで太陽系の惑星は、内側から順番に
水星・金星・地球・火星・木星・
土星・天王星・海王星の9個になりました。

ご存知のように、ホロスコープを使用する占星術では、
これらの太陽系惑星を使用します。
「新釈インド星読ミ占」で使用しているインド占星術や
「天空の叡知」で使用している中国の七政四余(しちせいしよ)などでは
古くから発見されていた木星・火星・土星・金星・水星の
5星のみを使用しています。
ですから、この2つの占星術については
今回の決定は何ら影響はありません。

ところが、西洋占星術ではちょっと事情が違ってきます。

西洋占星術では
近代になって発見された惑星である天王星・海王星・冥王星を使用しています。
ですから今回の決定で少なからず影響を受ける事になるのです。

これらの星が発見された年は、以下のとおりです。

 天王星 1781年
 海王星 1846年
 冥王星 1930年

このように、土星より内側の星が古代から発見されていたのに対して
これらの星が発見されたのは、近代になってから。
それまでは西洋占星術でも使われていなかったのです。

さて、占星術では東西を問わず
星の座標として十二星座を使用します。
この十二星座には支配星といって、星座の家主に相当する星が決まっています。
古い西洋占星術では、各星座ごとの支配星は次のようになっています。

 獅子座       太陽
 蟹座         月
 双子座・乙女座  水星
 牡牛座・天秤座  金星
 牡羊座・蠍座    火星
 射手座・魚座    木星
 山羊座・水瓶座   土星

太陽と月は1つ、他の星は各々2つの星座を支配していました。
インド占星術や七政四余では、現代でもこのまま使用しています。

しかし、西洋占星術では天王星が発見されると、
土星の2つの支配星座のうち水瓶座が土星から天王星へ譲られました。
次いで、海王星が発見されると、
木星の2つの支配星座のうち魚座が木星から海王星へと譲られました。
そして、冥王星が発見されると、
蠍座が火星から冥王星へと譲られたのです。

そのため、現在の西洋占星術では

 獅子座       太陽
 蟹座         月
 双子座・乙女座  水星
 牡牛座・天秤座  金星
 蠍座        冥王星
 牡羊座       火星
 射手座       木星
 山羊座       土星
 水瓶座       天王星
 魚座        海王星

という支配星の割り振りになっています。

余談ですが、西洋占星術でも古典派の人達は、古い支配星座を使用しています。

今回、これにあと2個の惑星を加えて
太陽系惑星を12個とする意見があったようですが、
もし賛成多数であれば
金星と水星が支配する各々の2つ星座のうち、
1つずつが新しい惑星に譲られていたかもしれません。

ただ、今回国際天文学連合(IAU)が決定したのは
冥王星を惑星からはずすということ。
これによって、蠍座の支配権はふたたび火星に戻るのでしょうか?

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年8月 9日

「夢」を買う

サマージャンボ宝くじの抽選日が近づいてきましたね。
買った人はとても楽しみなのではないでしょうか?
かくいう私も、実は楽しみにしているひとりなんです。

「どうせ当たらないし、買うだけ無駄」と思う方もいるでしょう。
確かに、一等が当たることはなかなかないし、
当たっても大した額ではないことがほとんど。
お金を出して買ったくじが、ただの紙きれになってしまうと思えば
買わないほうが無難ではあります。

でも、私はそうは思わない。
というのも理由があって、
たとえば、社会人になればほとんどの人が生命保険に入りますよね。
「万が一」に備えて、私も入っています。
それは、「万が一」の悪い出来事に対して、お金を払っているということですよね。
あってほしくはないことですが、
亡くなったり怪我をすればお金はおりてくる。
でも、健康なままでいれば、ほとんどは掛け捨てになるわけです。

だから「万が一」起こるかもしれない、いい出来事にかけてもいいんじゃないか、と。
当たらなければ、もちろんお金は戻ってこない。
でも、当たれば……ね。

あってほしくないことのためにお金を払っていることを考えれば、
あってほしいことのためにお金を払い、楽しみに待つのも悪くはないはず。
それで全部はずれても、抽選を待つワクワク感は確実に手に入るでしょう?
そう思って、「夢」を買うんです。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年5月 2日

とんこつラーメンが食べたい!

おいしいとんこつラーメンが食べられる店を探しています。
というのも、私は実は九州出身。
とんこつの味には、結構うるさいんです。

東京に来てから、いろいろな店にいってみたのですが
いまだ九州人を唸らせるとんこつラーメンには出会えていない。
醤油味や味噌味なら、どの店でもおいしく食べられるのに……。
とんこつだけは、東京では満足したことがないです。
もちろん、東京にも美味しいとんこつラーメンはあるのですが
それは九州のとんこつラーメンとは別の味なんでね。

そうそう、ラーメンといえば
九州では間食として食べることが多いんですよ!
だから1杯300円~350円で食べられるところもあります。
もちろん、もっと高いところもありますけどね。
小腹がすいたときにちょうどいい量と値段なんです。
飲んだ帰りに、屋台でラーメンという光景もよく目にします。

私の住んでいた地方では、食事として食べるときは、
チャーハンやおにぎりなどのセットにすることが多いです。

……なんて書いていたら、ラーメンが無性に食べたくなってきました!

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年4月22日

黄砂の思い出

最近天気予報やニュースで
黄砂が話題になっていましたね。

私は日中屋外にいることが少ないせいか
黄砂が飛んでいるのは実感できていませんが……。
みなさんはどうでしょう?

黄砂といえば、私は本場(?)中国で
黄砂がどんなものか体験したことがあります。
もう4年ほど前の話ですが。

あれは砂といっても
本当に細かいもので、まるで粉みたいでした。
風が吹いたり車が走ると
モウモウと煙のように巻き上げられ、
着ている服の縫い目の間にまでびっしり入り込んでしまって大変でしたよ!

日本とはスケールの違う中国の旅は
いろいろと驚かされることばかりでしたが
黄砂には本当に参らされました。
それも、今となってはいい思い出ですが、ね。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年3月27日

今月は忙しい。。。

今月は、とにかく忙しい。その理由は、いろいろとありますが、特に来月発売予定の単行本の締め切りが、2冊重なったのが大きいです。

単行本の詳細は、またプログで紹介しますが、1冊は風水の本もう1冊は韓国占いの本の予定です。
風水の本は、やっと校正を終えて後は発売を待つばかり。4月7日の発売予定です。
もう1冊の韓国占いの本は、いま校正の段階です。

そういえば、今発売中の「恋運暦4月号」に、私のインタビュー記事と、インド占星術の記事が掲載されていまので、是非ご一読下さい。
インド占星術の記事は、ナクシャトラによる性格判断と恋愛結婚運、それに人生シナリオを紹介しています。
恋運暦では、黒門お引越し風水」も連載中なので、こちらもご一読下さい。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

2006年3月13日

生出演の初体験

先日、日本テレビで15:55分より放送の「ラジかる」に生出演いたしました。私が出演したのは、あのエアギター世界第4位の金剛地武志さんがレポートする「突撃隣の美人妻」というコーナー。金剛地さんが、美人妻にご自慢の料理をご馳走してもらうコーナーです。

今回、私もスペシャルゲストとして登場させていただきました。場所は門前仲町、お邪魔したのは21歳の美人妻すみれさんの御宅を訪問しました。私の役目は風水のワンポイントアドバイスをすることです。

今回のアドバイスは、尖ったものは風水的に良くないということ、お部屋の張りなどは風水的によくないので、見えないようにする工夫が必要です。番組のなかでは、少し悪乗りして尖った葉の観葉植物まで窓の外に移動していましたが、あれはあの部屋の方位に観葉植物が良くなったのが本当の理由です。

テレビの場合、時間の関係から複雑なロジックを説明することが出来ないのが、毎回残念です。以前、やはりテレビの番組でデヴィ夫人の御宅を訪問したさいに、龍の置物を西の方位に置いたところ、放送後に「どうして西なのか?」「龍は東ではないか?」と質問が殺到しました。これも、デビィ夫人の御宅では西に金属が不足していたので、金属製の龍を置いて補ったのであって、特に形は龍である必要はなかったのです。

                        

尚、今後も時間の関係でテレビでは説明しきれなかった内容などは、このブログで補足説明して行く予定です。

話がそれましたが、今回は初めての生放送です。一応、段取りは打ち合わせているのですが、本番は予定通りに進行しないので、臨機応変に対応しなければいけません。収録では、何回でも撮り直しが出来ますが、生放送ではそうはいきません。現場の緊張感も、異なります。時間も秒単位で決められた時間で、予定された内容を説明してしまう必要があります。さらに、スタジオとも中継で繋がっているので、スタジオからの問いかけにも回答する必要があります。このスタジオからの問いかけは、まったく打ち合わせがないので、これも臨機応変な対応が要求されます。今回も、金剛地さんの対応には感心しました。やはりプロは違いますね。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日

東京ミレナリオ

 今や、東京の冬を彩る名物ともなった東京ミレナリオ。年末の30日に家族と一緒に行って参りました。毎年、年末になると一度出かけてみようと思ってはいたのですが、何かと忙しく行けずじまいでした。

 

 しかし、東京ミレナリオも2006年より休止ということで、2005年の今回が見納めかもと思い、ようやく重い腰を上げて出かけてみました。

丸の内に着いてみると、人が多いと聞いてはいましたが、私の予想を大きく上回る人手、久しぶりになが~い行列に並びました。

寒空の中を東京駅から長い行列に並ぶこと2時間、やっと会場へ到達しました。やはり間近で見ると、色とりどりのイルミネーションは、まさに息を呑むような美しさ。2時間も並んだかいがありました。

 

 30日に東京ミレナリオの行列に並んだあなた、もしかしたら隣に並んでいたのは私だったかも。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日

宝くじと運命

今年もやってきました、年末ジャンボ宝くじの季節。この時期になると毎年いろんな方から「宝くじはどこで買えばよいですか?」「どこにしまっておけばよいでしょう?」等の質問を頂戴します。

ところで、皆さんは宝くじの当たる確率を御存知でしょうか?例えば今年の年末宝くじは1ユニットが30億円、1等賞は1ユニットに1本、そして宝くじ1枚300円ですから、実に1000万分の1の確率です。通常は10枚1組で購入しますから、100万分の1の確率。もし、100枚買えば10万分の1の確率です。

ここから占術の話です。仮に、金運を100倍にする秘法があったとしましょう。

その秘法を実行して、宝くじを買った結果は・・・?

そう、なんと100万分の1の確率が1万分の1の確率までアップするのです。

「えっ、ちょっと待って、それじゃ1万回買って1回しか当たらない確率なの?」

皆さんそう思われたはず。

その通りなんです。皆さんの夢を壊してしまったかもしれませんが、それでも宝くじを当てるのは難しいものなんです。

さて、ここからが本題です。皆さんは宝くじが当たることは「金運が良いこと」と思っておられると思います。一般的には、そう思われているようです。

宝くじの関して、占い師の方の間でよく出る話があります。それは「宝くじに当たるのは、実は運が悪い」というのです。私自身は、ジャンボ宝くじに当選した方と御会いしたことが無いので、その真偽はわかりません。

昔、ある著名な占い師の方が、宝くじやギャンブルで高額を得た方の金運を対象に研究されたそうです。これらの方の金運は、さぞ金運が良いだろうと思っていた占い師は、逆に金運が悪い人ばかりという結果を得て、頭を抱えてしまったと言うのです。その占い師の方の結論は、「宝くじやギャンブルで高額賞金を手にする方は金運が悪い」ということだったようです。

私の経験から言うと、例えば風水などで金運が上がる処方を実施した場合、仕事が増えたり、転職したりして収入が上がる場合がほとんどです。他には、株や投資などの資金運用で収入を増やした方もいました。

いずれにせよ。何らかの前向きな行動を行った結果、お金を手にした方が多いようです。つまり、金運とは努力の結果として得るものを指す場合が多いのです。

とはいえ、宝くじが当たる確率が少しでも上がるのであれば、実行したいと思うのが人間。

12月はお金を表す星が北西にはいってます。部屋の北西に置いておけば、もしかしたらあなたも億万長者になれるかもしれません。

年末までの短い間ですが、楽しい夢を買いましょう!

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月19日

メレンゲの気持ち。

 昨日のプログで「メレンゲの気持ち」のことを書いたので、その収録の話を少し。

 9月の某日日本テレビのスタジオへ「メレンゲの気持ち」の収録に行ってきました。
「メレンゲの気持ち」は、日本テレビ系列で毎週土曜日のお昼に放送される番組。レギュラーは、司会の久本雅美さん、相田翔子さん、若槻千夏さんです。そして今回のゲストは、久保純子さん、KABAちゃん、そして最近人気が急上昇のマチャマチャさんでした。

 今回の僕の役どころは、KABAちゃんの御宅の風水鑑定。放送日は10月1日、御覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
KABAちゃんは、私が出演した「スーパーテレビ」をご覧頂いたそうで、その後は、僕の携帯サイト「中国四大奥義」で毎日の運勢チェックもしていただいているとのこと。

 さて、鑑定の内容ですが、事前にスタッフの方からいただいた地図や図面などから風水のアドバイスを行いました。実はこの日、若槻千夏さんのお部屋の鑑定も行いましたが、放送ではカットされてました。

 しかし、この日もっとも驚いたのは司会の久本雅美さんのトークの巧みさです。
 私の出番の時も、何から話したらよいだろうと、事前にあれこれ考えていたのですが実際に収録が始まると、久本さん達と話しをすると言うより、質問に答えて話をさせられてたと言う感じ。久本さんの誘導に応じて話すだけで、あっ言う間に収禄は終わりました。あのトークの駆け引き、さすがはプロと感心してしまいました。
 収録は、10分~15分程度だと思いますが、あっと言う間に感じられました。

 残念だったのは、司会の久本さんや鑑定したKABAちゃん、若槻さんとは会話できたのですが、相田翔子さんや久保純子さん、そしてマチャマチャさんとは、まったく話が出来なかったこと。

 そう思っていたところへ、先日ブログに書いた本の企画で相田さんとは再会、今回は1時間ほどゆっくりとお話が出来ました。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (0)

2005年11月14日

おともだち

 講談社の幼児向け雑誌「おともだち」から取材依頼を受けました。

 幼児に風水??と思いきや、お母さん向けでした。
 詳しい内容は、また後日。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (1)

2005年11月10日

anan

anan-1486  11月に発売された雑誌「anan」に僕の特集が掲載されました。取材を受けたのは9月28日。お題は「いま、噂の黒門風水に迫る、運気アップの最強作戦」。ちょっと恥ずかしいですね。

 黒門風水の実際の鑑定は、建物の正確な方位を測り、そこからさらに複雑な計算を用いるのですが、今回は紫白九星を用いて簡単な運気アップ法を紹介しています。その内容を簡単にご紹介します。

 2006年の大吉方位は、北。特に財運、健康運にツキがあります。北に玄関があるお宅はもちろん、寝室や仕事部屋として使うことでも、吉作用を受けられます。
 反対に、2006年の凶方位は西。この方位に玄関や寝室がある人は要注意です。また、この方位への引越しもおすすめできません。

 他には、恋愛運アップならクリエイティブなら北西など、五行から見る開運アイテムとともにわかりやすくご紹介しています。

 風水では家の中の「気」のながれが人の運を握っていると考えます。みなさんも生活に風水を取り入れてみませんか?

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (0)

どちらが不思議

 先日、この歳になって初体験してしまいました。

 そう、生まれて初めて鍼灸院で生身の体に針を刺して貰いました。痛くないとは聞いてはいたものの、やはり施術前にベッドに横たわった時は暫時緊張・・。

 でも実際は、多少チクリとはするものの痛くはありませんでした。
 しかし、人間の体は不思議、右手の痛みが左手に針を打つと取れたり、お尻に針を打つとお腹の調子が良くなったりするのです。

 そういえば昔、整体に通ってたころの話。足のウラをマッサージされていて、右足のウラのある場所を押されると激痛が走る。
 整体師さん曰く「これ、頭の歪みですね。」と言うや否や、手袋をして人差し指を、わたしの口に突っ込み、上顎の方向へ引張り始めた。そのままの状態でしばらくたってから、私の口から指を抜いて、もう一度私の右足の同じ箇所をギュッと押しながら「どうですか?」。
 すると不思議なことに、先ほどあれほど痛かった箇所に痛みが無い。

 話は先日に戻って、鍼灸師の先生に「鍼灸は不思議ですね。」と私が言うと、「先生のやってる風水の方が、よっぽど不思議ですよ。」と鍼灸師の先生。

 あなたは、どちらが不思議ですか?

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (0)

2005年11月 5日

少し前の話

IMG_0334  9月なので、少し前の話。
 数年前より交流のある、アメリカ風水研究所のラリーサング老師が来日されましたので、夕食を御一緒しました。アメリカ風水研究所とは、同研究所で日本語インストラクターを務められている清水昭子さんを通じて数年前より交流しています。今年1月には、私の風水の生徒を伴ってロサンゼルスの同研究所を訪問しました。
 ロサンゼルスに滞在中は清水さんの御宅に宿泊しましたが、アメリカの広い住宅は日本の狭い住居に住んでいる我々には、羨ましいかぎりです。

 さて、ラリーサング老師との夕食は、話が盛り上がりあっと言う間に時間が過ぎてしまいました。話の中身は、今は内緒です。将来、共同でいろいろなイベントなどもやるかもしれません。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (0)

2005年11月 1日

「風水夢譚」始まりました。

 皆さんお待ちかね???の私(黒門)のプログがスタートすることになりました。
 以前から話はいただいてたのですが、私の方の諸事情によりスタートが遅れてしまいました。最近は多忙で、日々変化の無い日常を過ごしていますが、日々思うことなど書いていきます。

Posted by 黒門  日記・コラム・つぶやき | | トラックバック (1)